2012年05月01日

弊社で叫ばれている内容を聞いて感じたこと

これから書く内容は、たくさん失礼な内容が記載されています。
気分を害された方は無視して下さいませ。

私自身、SIerで働いています。その中でも色々とやはり議論を重ねているのですが、どうやってもみんなの考え方が分からない面があります。
それが標準化というものです。
設計を標準化する、製造を標準化する、そのために評価方法、分析方法を定量的にし、フレームワークを当て、誰も自由な設計や製造ができないように当てはめていこうとする考え方です。
これは別に間違えではないと思っています。それが、SI業界でなければです。
まずそもそも、品質に問題があって炎上したプロジェクトにおいて、炎上した原因は2つのどちらか、もしくは両方しかないと思います。

1) そもそも達成できない予算のプロジェクトで、お金がない
2) 参画している人間のスキルがない

よって、なぜ失敗したかなんて分析するまでもないと思っているのですが、会社ではバグの内容は何だったのか、それによってどれだけの影響がどうでたか?
そういったことを分析したり、収集したりしています。そして、ずっと分析結果は出なかったりしています。。。
対策方法もありません。予算を増やすか、参画している人間のスキルがあがらなければ、どんなに一番簡単で泥臭いやり方であるチェックリストを作ろうともチェックするのが人間なのだから、抜け道ができてしまいます。

まぁ、それでも標準化したら、スキルのない人間でも、それしか設計できない、それしか実装できないようになるのだから、品質はあがるだろうという認識のようです。
そもそもソフトウェアにおける品質なんて、要件通りに作るのが品質の基本であって要件通りでなければ品質は満たしていない、それ以上は品質の向上ではなく、満足度の向上でしかないという事実は無視されています。

もしも、もしも本当にそんなことができるなら、きっとSAPやOracleはもっと日本市場に力を入れてもいいと思うでしょうね。
それぐらい日本の商習慣や各社の文化はかなり違い、また、パッケージがあるべき姿をある程度投影しているのに、業務をパッケージに合わせるのではなく、パッケージを業務に合わせて、カスタマイズと言う名前のスクラッチ開発をしたりもしていますよね。


簡単な例でいえば、ナンプレが作らないといけないシステム、その上で答えようとしているのが幼稚園児レベルのスキルの人間なのが、現在のSIerの状況です。
ナンプレの問題を作るのは顧客の要件がポイントです。ナンプレであれば、これだけ揃えばかなり簡単になるとか分かるでしょうが、顧客の出す要件はそもそもそのナンプレの問題にすらなっていないことがあります。だから、せめて目的だけでも要件定義しなさいとは思うのですが。。。
でも、なんとかナンプレの問題になるレベルが出たとしても、それを解くのは幼稚園児レベルです。もし、幼稚園児が解けるのであれば、その分野においてはその幼稚園児は中学生レベルですね、きっと。でも、幼稚園児ではなく、幼稚園児レベル。。。

そして、SIerではPMOが幼稚園児レベルの人に、「何で間違えたんだ?」とか、「何で答えがあっているか確認しなかったんだ?」とか叱っている風景ばかりです。
その中で優秀なSIerの社員は、標準化を掲げて、設計や製造の自由度を下げて、幼稚園児レベルでも解けるよう、正確には考えなくてもいつかはあてはまるように、考えてあげているわけです。
それは少しシステム化され、ナンプレの問題が本ではなくExcel上で書かれていて、一箇所数値を埋めると、自動的にその数値は他の箇所では使えないように選択肢が選択できなくなるレベルのもの。それでもないよりはマシかなというレベル。
もしくは、事前に答えのチェックができるのかもしれないですが、そんなに柔軟に判定できるシステムを作れるなら、最初から不具合のないシステムを作れるのでは?

そして、そんなにすごいもの、当然優秀な社員でも作れないのです。

時間も工数もなければ予算すら割り当てられず、というか、優秀な社員でも一人で何か一つのアプリケーションを作ることができないのですから、、、そんなすごいシステムを作ることは難しいです。
せめて10万ステップのプログラムを一人で作ったりとかできればまた違うのでしょうが、そんなスキルのある社員はSIerにはほぼいません。


余談ですが、SIerの社員で最も求められていると勘違いされていることの一つにコミュニケーション能力があります。でも、コミュニケーション能力は話がおもしろいとか、そういうことではなく、いかに相手に要点を理解させるか等の、その方法論であることは気づかれていないところが面白いです。よって、ノンバーバルコミュニケーション能力が無視されています。本当のコミュニケーション能力について理解されないまま、あの人はコミュニケーション能力があるとかないとか話されているが面白いです。話が面白いのはコミュニケーション能力の一つではなく、一部でもなく、要素に過ぎないのであって、他で補間できるのであれば必須ではないというのも事実です。


話がそれましたね。。。もう少しついでにそらすと。。。
ミスに気づかない人間は、何度やっても何年やっても、それをミスだと知らされても、そうならないよう努力してミスの根本を理解し、なぜそれがダメなのか理解できるまで、何回でもミスに気づかないままです。


弊社は1960年代に設立された比較的古い大手のSIerです。でも、人材確保に難点があります。それは上記の考え方があるから、幼稚園児レベルでも人間を集めて、人数で工数を出せば儲けられるという商売の仕方が根底にあります。
対して例えばGoogleやMicrosoft。Microsoftはそれでも古い方ですが、Googleは1998年設立です。それでも弊社はすでに企業規模で負けています。名前でも負けています。
Googleには比較的高いスキルレベルの人間が集まりますし、集めてもいます。誰でも入れる会社ではなく、また入ってからも生き残りが大変です。

あえてこれ以上は言わないでおきます。優秀な幼稚園児に申し訳ないので。。。

今、SIerは先に何をすべきか。業務を拡大するのもいいでしょう、標準化して幼稚園児レベルでも少しでもパズルが解けるよう手助けするのもいいでしょう。人それぞれの考え方はあるので、それをやめろとは言いません。
でも、前提を間違えていると思います。SIerは頭脳労働がメインの業種です。
思考レベルを高めない、高くなくてもいいという方向で、結局間違えることをする人間ばかりで、チェックする、答え合わせするだけのシステムでは、根本的な対策になっていません。
とはいえ、そんなことを言っても、それに賛同する人間が少ないので方向性は変わらないでしょう。

今後、少なくとも弊社は生き残れないかもしれませんね。。。
この記事へのコメント
激動の時代ですね。
面白い仲間が集まります。ぜひご参加ください。
http://watanabek.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-6741.html
Posted by 黒麹 at 2012年06月11日 11:25
黒麹様

とてもおもしろそうです。
勤務時間上、平日ですとどうしても間に合わないので参加できないのが残念です(今日は私用でお休みですが。。。)。
貴重な情報ありがとうございます。

また、Accessの件、まだまだ手を入れられる余裕がなく、進捗が悪く申し訳ございません。。。
Posted by kiruah at 2012年06月14日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55595829
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック