2012年04月03日

ExcelハードコピーツールVer1.2の仕様変更について

1.2のリリース候補を利用して、Windows 7やOffice2010、Windows xp、Office2003等でテストを実施した結果、Windows 7のAEROとこのツールの相性はあまりよくないことに気づきました。

特に、ALT+TABを押下しても直前のウィンドウに遷移しないことがあるだけでなく、GetForegroundWindow()→GetDCEx()でデバイスコンテキストを取得し、メモリビットマップに転送しているのですが、そうすると半透明のウィンドウ枠が真っ黒になってしまいました。。。

これはPrintScreenでは発生しないため、GetDCEx以外か何かオプションが増えたりやり方を考えないといけないのですが、Windows xpでも動作させたいため、PrintScreenを押してクリップボードから画像を取得するという、原点の方法に戻そうかなと考えています。

また、設定も複雑ですので、設定画面を別途用意し、また、連続取得機能を用意したいと考えています。

とすると、1.1までと全く違う実装ではないかという反省が。。。

ごめんなさい。作ってみたら甘かったです。
元々は単純に画面のハードコピーを撮りたかっただけなのですが、色々と機能をつけていったら、、、よくばりすぎました。。。
posted by Kiruahさん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54793801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック