2012年03月27日

Excelキャプチャツール1.1を実践投入しようとして感じた雑多なこと

Excelキャプチャツール1.1を実践利用してみて、やっぱりまだ環境依存が強いところがあるなと感じました。

まずは私の環境では、SHIFTを押すまでスクロールが開始しないのですが、Windows 7では勝手にスクロールが開始したりします。これはもしかしたら、非同期のキー状態取得方法が問題か、キーをそもそも変えたほうがいいかもしれません。

次に、これは想定外でしたがWindows7 64ビット、というか64ビットOSではPtrSafeをWin32API宣言部に追加する必要がある点です。

最後は、前はちゃんと撮れていたのですが、Windows xpとOffice2003にて、Excel2003が表示するMsgBoxにシステムモーダル + 全面表示オプションを指定するとどうやら、メッセージボックスをキャプチャできなくなるみたいです。これはMsgBox修正前は取得できていました。

こちらはWindows 7のOffice2010では取得できますし、画面全体キャプチャという逃げ道がありますが、$infoでメッセージボックスの中身を自動取得できないのは残念です。

これら3点について、対応を考えたいなと考えております。

またやっぱりスクロールは遅いです。ここはSendMessage(都合でPostMessageを使っていますが)で、スクロール幅を指定しながらスクロールさせるほうがスクロール幅が分かっているので楽なのですが、IEでのスクロール幅がうまくとれないので残念です。

ここはそろそろ自分のコーディング高速化技術をちょっと適用するタイミングが来てしまったかなとか思います。
先にGetDIBitsするか、それともBitBltの論理演算でやらせるか、色々とやり口はあります。
(というか、GetPixelが遅いのを知っていて使うなという話は置いておいて。。。)

ちょっと高速化も考えないといけないですね。
一部の画面はバージョン0.4まではきれいに撮れていたのになぁ。


あと、今日はUbuntu上でApache + PHP5 + MySQL を入れて、Apache2の設定をいじったり、WordPress + WP Document Revisionを導入してブログを導入したりしておりました。
Ubuntu、、、geditでもいいんだけど、viでもいいんだけど、Sakuraエディタに慣れすぎました。
Javaでテキストエディタを早めに作りたいなとモチベーションがアップした次第です。

作りたいものが多い。。。
特にSubversion + MySQLサーバ。これはGroongaと組み合わせて履歴も残しつつ、リポジトリの中身を全文検索させたいという個人的な野望が。。。
posted by Kiruahさん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54656896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック