2011年07月23日

極論であっても、やっていることを他のことに例えてみる

「それは極論だよ」なんて言われる経験がある方もいるかもしれません。

コンピュータの世界だけではありませんが、物事を抽象化することがあります。
抽象化することは、共通部分を見つけ出すことに近しいものです。
その共通化部分を究極まで切り詰めて見つけ出し、何にでも当てはめられる法則まで持っていくことをしようとすると、その時に「それは極論だよ」と言われます。

「何にでも当てはめられる法則なんてない、そんなことは当たり前だよ」
これは当然です。言い換えれば「例外のない法律はない」みたいなものです。

でも、自身の行動の規律を考える上で、この極論まで考えるというのはとても大切だと思います。
本当に極論を考えることになっているの?と思われるかと思いますが、例を考えたいと思います。
あくまで例であって、私が言おうとしている問題とはかけ離れたところです。ですので、矛盾などを見過ごしてみていただきたいと思います。

本を読むという行動を考えます。本を読むという行動を考えた場合、

1. 本を選ぶ
2. 本を買う
3. 本を読む
4. 読書を一旦中断する
5. 読書を再開する
6. 本を読み終える

これは料理するという行動と類似しているのではないかと考えます。

1. 料理を選ぶ
2. 材料を買う
3. 料理を作る
4. 料理を一旦中断する
5. 料理を再開する
6. 料理を終える

別に問題はありません。ですが、読書と料理では、一旦中断した場合の期間に違いがあります。
読書は1年でも10年でも、本が朽ちなければ一旦中断できます。料理は?料理は1年中断したら?もしかしたらまだ食材は持つかもしれません。10年保存しますか?冷凍すれば良いかもしれませんが、冷凍できないものもあるかもしれませんし、10年も保存したらまずいものもあるでしょう。。。

単に読書を他の料理するという行動に当てはめた場合、一旦中断するというところに違いがあって、極論、それを抽象化して共通的に考えるなんてナンセンスだと言われます。
この例は、確かに無意味かもしれませんね。


ここから本題です。

AさんはIT企業でPGをやっている10年目の社員です。ある日、先輩や上司から「このプログラム、3日で確実にできる工数で、実際にその工数で普通の人はできると第三者からも評価されたものだ。だから、3日で完成させてくれ」と言われました。
即座にAさんは、「自分の力では無理です。」と答えました。「体調が悪いのか?都合が悪いのか?緊急の用でもあるのか?」と聞くと答えは、「自分には、その詳細設計書の内容は難しすぎます。」と答えました。先輩や上司は諦めて他の人を探しに行きました。。。

極論です。もし野球ファンの方がいらっしゃったら大変失礼かもしれませんが、ご容赦ください。
プロ野球の選手に例えてみてください。

Aさんはプロ野球リーグで、10年目のセンター担当の選手です。ある日、監督や先輩から「次の試合、センターで、センターにきた玉はしっかりキャッチしてくれ。普通のセンターならキャッチしているような玉は確実にだ」と言われました。
即座にAさんは、「自分の力では無理です。」と答えました。「体調が悪いのか?都合が悪いのか?緊急の用でもあるのか?」と聞くと答えは、「自分には、センターの役割は難しすぎます。」と答えました。監督や先輩は諦めて他の人を探しに行きました。。。


ただの言葉遊び、すり替えでしょう?と言われても仕方ありません。
けれど、IT業界ではそれでもずっと給料をもらえます。でも、プロ野球の世界ではAさんはもう「引退」の言葉をつきつけられるほどのことをしていると言われても仕方ないのではないでしょうか。

できないことが悪いことではありませんとだけ、付け加えさせてください。
でも、せめて「どこまでやれるかわかりませんが、やらせてください」と言うことはできます。


自分の作業を他の業界であったらどうなのだろうかと置き換えてみてください。
例えばIT業界であれば、建築業界でもいいでしょう。
今作っているシステム「仕様がずっと確定していないけど、もうすぐリリースだからこのまま10万ステップのプログラム、不具合ありでもリリースしようか」という感じで、建築業者が「ビルの構造がずっと確定していないけど、もうすぐ工期が終わりだから、このまま33階のビル、そのままオープンしようか」と例えてみてもいいと思います。


所詮、極論です。所詮、共通化してみた言葉遊びです。考え方ややり方を抽象化してみただけです。
「そうだね、言葉遊びだ。極論だから、考えることはない」と言うのは、そこは人によって主義主張あると思いますので強制しません。

でも、一度、この極論で自分の行動を考えてみて欲しいと思いました。


「本当に、それは極論だよ、という言葉で片付けますか?」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46914582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック