2011年05月24日

人に対する許容というもの

プロジェクトマネジメントはとても難しいものです。
そのなかで、メンバーのモチベーション管理やそもそものヒューマン系管理は非常に難しい物があります。

今、プロジェクトの中で、メンバーの1名が顧客からも他のメンバーからも許容されていない状態にあります。
私はそのメンバーを見ていて、感じたことがありましたのでここに記載しました。

人が人に対して、その人を受け入れられるかどうか(ここではそれを許容と呼んでいます)は3つの要素で表現できるなと感じました。これらの言葉は勝手につけましたので、心理学的にどうだとかではありません。
もしかしたら、正しい言葉があるかもしれません。申し訳ございませんが、調べておりません。
また不快に感じましたら、本当に申し訳ございませんが、ご容赦ください。

A) 生理的許容
B) 発言に対する許容
C) 行動に対する許容

生理的許容は分かりやすいですが、例えば匂いだとか見た目だとか清潔感など、直感的な面も含めたものです。こればかりはどうしようもない面も当然あります。

発言に対する許容は、その人が言ったことに対する許容です。思っていることは当てはまりません。また直接その人に言ったことでなくても、人の悪口を聞いていた人が、言っていた人をどう思うかも含まれると思います。

行動に対する許容は、その人が行ったことに対する許容です。最悪、暴力まで含まれますし、細かな癖など、小さな行動も含まれます。

ここで、例えば性格だとか、思想だとかそういうものに対する許容もあるとは思いますが、人が考えていることなどは結局見えませんし、最終的には上記A,B,Cのどれかに表れてくると考えました。


感じたことは4点あります。

1. A,B,Cそれぞれ、人によって許容可能なレベルが違います。そして数値化しにくいものでもあります。
2. 人は多くの場合、相手がA,B,Cのうちいずれか1つに当てはまると関わりたくない人になり、2つ当てはまると嫌いな人になります。
3. 友達や日常の人付き合いでは、だいたいの場合、A > B > Cの順で優先度が変わります。つまり、生理的に許容できない人ほど、日常では関わり合いたくない度合いが強くなります。
4. 対して仕事では、C > B > Aの順で優先度が変わります。仕事では生理的にというよりも、行動の許容を超える人に関わり合いたくなくなります。

私のプロジェクトのその人は、Aの生理的許容という面では、だれも嫌がっていないのですが、BとCの面で非常に嫌われています。
もちろん、仕事もとてもよくできますし、経験も知識もあります。言っていることも大体正しいでしょうし、プロジェクトの上の方に当たります。そして、面白いことに性格は実は、相手のことを考えて行動するなど、気がきき、生理的にも全く問題ないのです。
ですが、発言が攻撃的でパワハラに近く、行動もあまり褒められたものではありません。それだけで嫌われてしまっています。
逆に他の会社のメンバーはまだ行動に対する許容度の範囲内のため、その会社の方からはまだ良い人だと思われていたりです。


これを受ける部下は逆に不幸だったりと、人というものは非常に難しい物です。
今は周りの人間のモチベーションをいかに維持するか、その補完をする必要があるため、なかなか仕事が大変です。
私の余計なお世話になっている面は否定しませんが。。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45438431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック