2014年07月29日

人をイメージで語らない。そして相手の自分に対するイメージは利用する

私は、人に対してある程度短い期間で先入観を持ち、この人はこういう人だと決めつけてしまう人のことを、「人をイメージで語る人」と表現しています。

色々と言われますが、人の先入観というのはとても大きな割合を占めていて、一度持った先入観を払しょくするのは非常に難しいです。そして、人は自分が思いたいように相手のことを、あいつはこうだ!と決めつけているものです。

それがよいこともあります。ぶれないことにも繋がるのかもしれません。
しかし、ことビジネスにおいては、この先入観は非常に厄介な代物で、対人関係、部下・上司の関係、仕事の内容、その他多くのものの中に入り込んだ先入観は、時に人を傷つけることも、間違った判断をすることも、人の意見を結局聞いておらず、相手を怒らせることもあります。

逆に言えば、最初に相手にもたれてしまった先入観を利用しない手はありません。
要は相手は、自分のことをこうだと決めつけているのであれば、それは相手が思考を鈍化させ、相手に読まれる状況を自分で作ってしまっているわけです。
この場合、相手の先入観を利用して演じた自分について、相手は自分の持っている先入観が正しいものだと勝手に意識し、疑うこともしないことが多いのです。

これについては経験的にいくつかの実験をしています。
相手はもう、私のことをこういう人間だと思い込んでいるため、その状況を利用して自分の有利になるような状況を作りこんでいきます。相手は気持ちよく思考し、こちらはそれをそのまま利用していることに相手は気づかないわけです。そして、こちらは相手の手の内をすべて読んだうえで行動できます。

勝手に先入観を持つこと、つまり人をイメージだけで語る場合、相手に付け入るスキを作ります。
逆に言えば、相手が自分に対してどのような先入観を持っているか、それを早期に知ることは、その人をうまく説得することも、だますことも、動かすことも、気分良くさせることも、嫌われることまでこちらの思惑通りに動かせる可能性を持っています。
そして、こちらが相手に勝手に先入観を持ってしまうことは、間違ったことをしてしまう可能性も出てしまいます。

勝手なイメージを自分では持たないように、常にそのイメージが正しいか、正しくなさそうなのか、勝手に固定観念にしてしまっていないか、思い込んでいないかを意識し、違う観点・違う角度から物事や人物、さらには自分をとらえるよう意識しましょう。それすらもイメージなのかもしれませんが・・・。

そして、次には相手が思い込んでいるイメージをしっかり理解し、時に相手のイメージに合わせた説明、相手のイメージを利用した行動、または相手のイメージを壊して育成させるなどに活用できるよう、意識して行動していきたいものです。